[Trend]ニューヨークで急増フレキシタリアンって?What’s Flexitarian? : Foodie NYC

Veggie Burger and Yam Fries@By Chloe
@By Chloe ベジーバーガーとサツマイモのフライにキューリのソーダ

この秋ニューヨークの食トレンドの一つがベジタリアン・レストラン。

実はニューヨークはもともとベジタリアンやヴィーガン(ベジタリアンよりもっと厳しく牛乳も卵も食べない)多い街です。いろいろな宗教の人やヘルシー志向の人が多いからで、そういう人たちだけが行くようなお店もちゃんとありました。

でも今年のベジタリアンが以前と違うのは、セレブシェフの参入です。

ハイエンドのレストランでセレブシェフによるベジーバーガーが続々登場することで話題になっています。
あのジャン・ジョルジュも近々ベジタリアン・レストラン「ABCV」をオープン予定。
これまではヘルシーだけど味は今ひとつだったベジタリアン食が、革命的においしくなりつつあります。

その理由は、まずアメリカのベジタリアン人口の急増。
2009年には全人口のわずか1%だったベジタリアンが2012年には5%に増加。(その半分は 「ヴィーガン」)

でももっと注目なのは、 ベジタリアン以外でも、アメリカ人の実に4割近くが、外食時は常に、
あるいは場合に応じて「ベジタリアン食」をオーダーしているとの結果です。

@By Chloe
@By Chloe

アメリカ人の食生活がなぜ急速に肉から野菜に移行しているのか?
理由はさまざまですが、劣悪な環境で飼育される家畜の現状が
頻繁に報道されるようになったことは大きいでしょう。
畜産による環境汚染、地球温暖化への影響などにも、
特に18歳〜35歳のミレニアルズ世代の若者が敏感に反応しています。
もちろん「健康のため」と考えている人も多いし、
ポール・マッカートニーなどのベジタリアン・セレブや、
ビヨンセのヴィーガン・ダイエットの影響も大。

でもやっぱり野菜だけじゃつらい、お肉も食べたい・・・ということで、
ベジタリアンではなく、フレキシブルに食べるフレキシタリアンという言葉が生まれ、
トレンド語になっています。

そんなニューヨークのフレキシタリアンが行く、
オシャレなベジタリアンのファストカジュアル・チェーンも急増中、
ちなみに フレキシタリアンの私が今気に入っているのは、
「By Chloe」というウェストビレッジにあるベジー・バーガーのお店。
ファッション関係者などが集まる
おしゃれすぎるベジタリアン・ファストカジュアルです。
ここのベジーバーガー(主な素材はテンペとレンティル豆とクルミだそう)は食感がお肉に限りなく近くて、特製のビーツ・ケチャップをつけて食べると最高です!
少しずつ支店も増えていて、将来は植物性のシェイクシャックみたいになるかもしれません。

img_7099
@By Chloe

By Chloe
185 Bleecker Street
New York, NY 10012

http://bychefchloe.com

(全国20局ネット)青森・岩手・秋田・山形・栃木・長野・福井・岐阜・滋賀・山陰・岡山・山口・徳島・高知・香川・大分・佐賀・長崎・鹿児島・宮崎

JFN Day By Dayの JFNオフィシャルサイト

http://www.jfn.jp/RadioShows/day

Veggie Burger@By Chloe
Veggie Burger@By Chloe
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s