[Pride Week]あなたはLGBT?が国勢調査のチェック項目に?Collecting LGBT Census Data Is Essential

(JFNのラジオ番組Day By Dayにレポートした内容を再構成しています)

ニューヨークの今日は1日遅れて夏至でした。アメリカでは夏至は、The First Day Of Summer 正式に夏が始まったことになります。

特に南西部には数十年ぶりという記録的な熱波が来ていて、今日の最高気温50度以上まで上がったところも。気温が高すぎると小型機が離陸できないそうで、空のダイヤも乱れているようです。
かと思うと南部のメキシコ湾岸にはトロピカル・ストーム(ハリケーンの一歩手前) ニューオリンズなど沿岸地域には大洪水に備えて非常事態宣言が。

ニューヨークではおととい、雷とともに1時間に120ミリの夕立が降りましたが、その後に特大サイズの虹が! しかもダブルレインボウ!しかも空はまるでピンクの綿あめみたいな色。

レインボーといえば、LGBTを象徴する色! 今週のニューヨーク、LGBTプライド・ウィークです。どんな1週間なのか、どんな催しがあるのかレポートします。

LGBTプライドウィーク、LGBTをセレブレートし、その人権を主張する1週間。大規模な抗議行動からスタートし、セミナーやパーティ、
そして今度の日曜日、250万人が参加する大パレードで締めくくられます。ドラッグクイーンからマッチョなゲイのお兄さんから、人権保護団体までが、音楽をガンガン流しながら行進するこのパレード。実に今年で48回目!そして48回目にして今年ついに初めて、テレビ中継されることになりました!

今年のパレードの先頭を切って歩くグランドマーシャルの一人は、ブルック・グイナンさん29歳。トランスジェンダーとして初めてのニューヨーク消防局の消防士です。

トランスジェンダーの存在、少しずつ世の中に認められてきていますが、消防士のような保守的な職場で採用され、しかもパレードの先頭を歩くというのは、さすが自由の街ニューヨーク!

アメリカでは48年かけて、LGBTの人権が徐々に認知され、2015年には同性婚も認められました。でも同時に、反対する人たちによるヘイトクライムも増えているのが現状です。

そんな中で今静かな論争になっているのは、10年に一度の国勢調査に、LGBTの枠を設けるかどうか。国勢調査だからもともと性別、男か女かに丸をつけるわけですが、ここに、レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーというチェック項目をもうけるべきではないかという提案です。国が彼らの数を把握していることは、平等なサービスを提供するために不可欠なだけでなく、偏見や差別から彼らを守ることにもなる、という意見です。

実はこれは 具体化しそうな方向だったのですが、トランプ政権になったために、後退したと言われています。2020年の国勢調査に向けて、今後どうなるかが 注目されます。

いつもしつこいくらい言っていることですが、マイノリティや移民の権利を守ることと同じように、LGBTの権利を守ることは、他人事ではありません。それ以外の人にとってもとても重要なんです。あらゆる人の自由と平等の権利が守られてこそ、民主主義の国だから。平和や豊かさは、みんなが自由で平等で幸せだからこそ達成できるからです。この1週間LGBTコミュニティと一緒にニューヨークはそんなメッセージを発信しています。

Day By Day(JFN系全国19局ネット)青森・岩手・秋田・山形・栃木・長野・福井・岐阜・滋賀・山陰・岡山・山口・徳島・高知・香川・大分・佐賀・長崎・鹿児島
http://park.gsj.mobi/program/show/27306

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s