ロシアゲート:コーエン弁護士寝返り?元選対委員長マナフォート裁判のインパクトは?What To Watch Now? Russian Election Meddling

073018

この1週間、トランプ大統領の周囲に2つの大きな展開がありました。

まず何度かお伝えしている、ポルノ女優とプレイボーイ・モデルとの不倫問題、その口封じのために個人弁護士のマイケル・コーエンが二人に大金を払っている。しかしトランプ氏は不倫についても支払いについても「 全く知らない、事実無根」と否定してきた。しかしこの春FBIが行ったコーエン氏へ 強制捜査で、コーエン氏が様々な人とのミーティングを内緒で録音したというテープも大量に(約100本)押収された。

そしてそのテープの中に、トランプ氏がプレイボーイ・モデルへの口封じ金について話している内容があるということがわかってきた。

そのテープの一部を突然コーエン氏自身がリーク。

そこではトランプ大統領がコーエン氏と、プレイメイトへのお金の支払いをどうするか話している。つまり「知らない」というのは嘘とわかった。

これだけならただ不倫問題、でもコーエン氏はトランプ氏のあらゆる問題を解決してきたフィクサーだから、ロシアゲートに関しても相当の情報を握っているはず。

そして先週金曜日、CNNがそのロシアゲートに関するコーエン氏の発言を報道して大ニュースに。このリーク元は不明ですが、

2016年7月にトランプ・ジュニアや、娘婿のジャレッド・クッシュナーらトランプ陣営の選対幹部が、ロシア政府関係者にヒラリーの汚点を教えてもらうために行ったとされる会議。

ロシアゲート捜査の最大の焦点の一つになっているのですが、トランプ氏は、この会議について全く知らされていなかった、関係ないと言い続けている。トランプ・ジュニアも去年議会で「父は知りませんでした」と証言までしている。

で今回コーエン氏が何を発言したのかというと、

「いやトランプ氏は知ってましたよ。」

この会議に関しても、プレイメイトにしても、多くの人はすでに、トランプ氏が嘘ついていると思っていたから「何を今さら」という感じ?

しかしそれをトランプ氏に最も近しい存在だったコーエン氏が語り始めたということは、彼がムーラー検察官への捜査に全面協力を始めたということなのか?

実はムーラー検察官が既に手中に握っている重要人物はもう一人いる。当時の選対委員長のポール・マナフォート。この人は以前からロシアと様々なつながりがあって、ロシアゲートにも深く関わったと考えられている。この会議にももちろん出席していた。

実はマナフォートは金融詐欺などの容疑ですでに逮捕されていて、その彼に対する裁判が火曜日から始まる。ここで彼が何を語るのかによって、ロシアゲートの捜査は大きく進展する可能性が。

トランプ大統領自身は週末からコーエン弁護士に対して、そしてロシアゲートの捜査自体も激しく批判するツイートを繰り返しています。

ところでアメリカは中間選挙まであと100日を切ったところ。トランプ氏の共和党が不利という世論調査の結果も出始めている。こちらはまた次の機会に。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s