今度こそ終わりの始まり?トランプ時代の斜陽3つの兆候 Is This The Beginning of The End This Time?

080618

11月のアメリカ中間選挙まであと90日、そして、もしかすると今度こそ終わりの始まりかも・・・その3つのしるしをお伝えします。

1)先週トランプ政権の安全保障・諜報機関のトップが勢ぞろい、ホワイトハウスで記者会見。

「中間選挙を前に、2016年にあったロシアの選挙への介入(ハッキング、ソーシャルメディアでのフェイクニュースの拡散)が、今年の選挙を前にすでに行われている。これを防ぐために全力で対応する」
そして、「これはトランプ大統領からの要請である」ときっぱり。

ところが数時間後、トランプ氏は支持者の集会で再び、「ロシアの選挙介入は作り事」と主張。大統領と政権トップの言っていることが全く逆という異常事態。

2)そのロシアゲートに関して、トランプ陣営とロシアの共謀の最大の証拠となるかもしれない、去年7月のトランプタワーでの会合。
ヒラリーに不利になる情報を得るためロシア政府関係者と会ったという疑いがかけられているが、トランプ側はもちろんそれを否定している。

ここに参加していた元選対委員長が現在、詐欺などの疑いで裁判を受けていて、何を喋るかわからない。
また、この会合に関してトランプ大統領は知らなかったと言っているが、同じように捜査対象になっている元個人弁護士は「トランプ大統領は知っていた」とコメントしたと報道されている。

追求の手がそこまで来ている?と思わせるような状況の中、昨日トランプ氏はまた謎のツイート。

「トランプタワーでのミーティングは、ヒラリーの汚点を知るためだった。それがどうした、何も違法じゃないよ」

#@$%!!!???

メディアも捜査当局も、トランプタワーでのミーティングは、ヒラリーの汚点を知るためだったことを証明するために躍起になって来た。

ところがあっさりとそれを認め、違法ではないと言い切った理由はなぜ?捜査の撹乱?
それともこれまでと同じように「魔女裁判だ」と主張する作戦なのか?

トランプ氏は既に「ロシアとの共謀も違法ではない」と言い切っているからその流れ?
もしそうだとしても非常にリスキーな出方。

ただしミーティング自体は合法でも、選挙法では外国からの献金やそれに近い貢献は受けてはいけないことになっている。また、会合に参加していた息子のトランプ・Jr.は議会で「会合の目的はあくまでロシアとの養子縁組のため」と証言しているので、偽証罪に問われる可能性も。

トランプ氏追い込まれて乱心したのか?と言う声も。

3)こうした中、中間選挙を睨んだ動きも激化。

これまで共和党の最大の資金源だったビリオネアのコーク兄弟が、トランプ氏を強く批判、今回は敵の民主党にテコ入れすると公言、ありえない事態に。中間選挙で民主党が大勝すれば、トランプ大統領の弾劾に大きな一歩に。でもそう簡単にはいかないと言う意見も根強い。その理由はこれにつきる=トランプ氏の異常に強力な支持層・・・と言う話はまた次回に。

 

 

 

 

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s