アメリカが夢を見た1日:史上最高1800億円が当たるロトMega Millions Jackpot Hits Record $1.6B

102318

アメリカのLotteryは高額という話は聞いたことがあると思いますが、今回はアメリカ人も驚いた。

Mega MillionsというLottery、jackpot(賞金)が史上最高の1.6 Billion dollars 日本円にするとおよそ1800億円が、今夜東部時間11時の抽選で誰かに当たる(かもしれない)
まさにアメリカン・ドリーム!

ものすごい金額ですが。最初から1800億円だったわけではありません。

最初の$40M(約42億円)誰も当たらなければ賞金が上がって行く仕組み何ですが、だいたい2〜300億円程度まで来たところで誰かに当たります。ところが7今年月から誰も当たっていないために、膨れ上がってここまできた。

でもここまで金額が上がるようになったのは去年からで、理由がある。

Mega Millions自体は90年代からやっているが、2〜300億円という金額に皆が慣れてしまって盛り上がらなくなった。そこで、まず1ドルから2ドルに値上げ、Jackpotのスタートも$15Mから$40Mに値上げ。そして小額(1億円以下)が当たりやすくする代わりに、Jackpotを当たりにくくした。そのおかげで600億、700億円と金額が上がるようになり、盛り上がりもエスカレート。

年間の売り上げもおよそ8000億円に達し、ワシントンポスト紙によれば、この金額はアメリカ人があらゆるエンタメ(映画、コンサート、ビデオゲーム、スポーツ観戦など)に使う金額の合計を超えているそう。

そんなわけで今アメリカは寝ても覚めてもその話題で持ちきり。

これが当たると一気にビリオネアの仲間入り!ということで、朝のモーニングショーでも、レディ・ガガとジョージ・クルーニーとJLo、3人を足したくらいリッチになれる、Four Seasons Hotelの一泊200万円の部屋に一生泊まれる、ブガッティの車が何台買えるなどなどと・・・アメリカ全土で皆が夢を語っている状態。

でも当たってもこのお金が一度にもらえるわけではない、基本30年間分割払いで、37%の所得税が取られる。一括の場合は色々引かれて550億くらいに目減りする。

ではどうやったら勝てるのか、というハウツーもたくさん話題になっている。

まずは、2ドルでチケットを買う。(買わなければ当たらない)

現実的なのはOffice Pool皆でお金を出し合って少しでも多くのチケットを買い、買ったらそれをシェアする。実は前回もそれで11人が当たっています。Office poolと言われるだけに、オフィスのスタッフでやっているから、今日は仕事どころではないはず。

あとは、天に祈る、フォーチュンクッキーに入ってくるラッキーナンバーを使う、トランプに相談する(彼は勝つのが好きだから)・・・・

でもこれでハズレても明日またチャンスがある。Powerballという別のlottoが今700億円になっていて明日が抽選。

ただし当たった人全員がハッピーエンドというわけでないという話もよく聞来ますね。高額のJackpotに当たった人の3人に1人はその後破産しているという数字もあるが、それも人生・・・チャンスに賭けなければラッキーもない!

そんなわけで アメリカ人は今日1日当たったつもりでラッキーな気分に浸っています。

左がMEGA Million、999になっているのは、掲示板の桁が足りなくて1600と表示できないからみたいです
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s