もうホラー映画、トランプ氏マスクを外して戻ったホワイトハウスでクラスター発生、同時にCDCはコロナ空気感染を発表White House Is The Hotest Hot Spot of the Nation

10-06-20

10-06-20現在の状況です、アップデートは10-08-20のポストをご覧ください。

JFN/TOKYOFM 全国36局ネットのOn The Planetでレポートした内容に加筆再構成しています。)

パラレルワールド、SFやホラー映画の世界がアメリカでは現実に !その発信源はもちろんホワイトハウス。(そもそもパンデミック(コロナ禍)でさえ少し前まではSF映画のものだった!)

おかしくなりそう!という人の方がまともと言いたい状況が続いている。

トランプ大統領が入院3日で退院 。

歩いて専用ヘリに乗り込みホワイトハウスの芝生に着陸、その足でバルコニーに向かい、カメラに向かって立っと、それまでしていた白いマスクをガバッと外し1分ほどポーズをとり、そのまま屋内に。

まさにトランプ劇場、ドラマチックな演出に支持者は歓声をあげたと思うが、多くのアメリカ人はゾッとし、医療関係者からは怒りと抗議の声が。

なぜかというと、トランプ氏の病状が引き続き全く発表されていないから。

担当医師はまだ完全には回復していないと曖昧に言うだけで、実際はどうなのか、肺や肝臓の検査結果も全く明らかにされない。

一方で投与されている大量の薬や酸素は重症者に対して与えられるもの。

そして最も重要なのは、未だ感染力があるのかどうかも伝えられない。

それなのに全国民の前でマスクを外し、多くのスタッフが働く公共の場でもあるホワイトハウスにマスクなしで入っていく・・・そこで働いているスタッフのリスクを考えているとは思えない行動だ。

この模様は早速トランプ陣営のキャンペーンビデオに使われ、その中でトランプ氏は

「コロナを恐れるな、コロナに支配されるな。」

つまり、自分はコロナを克服できた、恐れるほどのものではない、マスクも不要とこれまで通りコロナを低く見積もるメッセージを改めて発信したことになる。

 

そして、ここからがホラー。

トランプ氏はバルコニーでの1分間の間、 呼吸が苦しそうに見えた。どう考えてもまだ症状が残っている様子だ。

そのトランプ氏の周辺に感染が広がり、少なくとも18人が感染と報道。ホワイトハウス自体がクラスターになっている。

そしてもう1つ恐ろしいのは、同じ日、CDCはついにコロナの空気感染を認める内容を公開したことだ。

空気感染するのに、トランプ氏がマスクをしないために全米の半数のアメリカ人はマスクを拒否している。それが今のアメリカのリーダーのパワーとは悲劇としか言いようがない。

実はそのホワイトハウスの近くに一昨日日曜日2万個の黒い椅子が並べられた。

コロナ生還者のグループが21万人の犠牲者を追悼するために自発的に並べたものだ。政府からはこうした犠牲者に対し何のお見舞いもなければ家族への言葉もない。だから自分たちでやるしかない。この無言のメッセージがどれだけ伝わったかどうか・・・・

そのアメリカの感染カーブはさらに上昇、ニューヨークでもセカンドウェーブが懸念され始めている。

コロナを恐れるな!とマスクを外す大統領と、21万人が亡くなっている現実はまさにパラレルワールド、
こうなると何を信じればいいのか?

まともな人は思考停止してしまいそう。

そうなると、人間は陰謀説とかを簡単に信じるようになるそうで、できるだけシンプルな論理に走ってしまうらしい。トランプ仮病説からエイリアン説までありとあらゆる陰謀説が渦を巻いている。

そんな混乱の中4週間後に大統領選がやって来る。

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s