NBAスターが建てた子供達が今一番入りたい小学校 The School LeBron James Built

NBAチャンピオンが建てた小学校のどこがすごいのでしょうか Continue reading NBAスターが建てた子供達が今一番入りたい小学校 The School LeBron James Built

Advertisements

「ニューヨークは忘れない」第6回Together For 3.11追悼式 We Will Always Remember

3月5日(日)に行われた第6回Together For 311追悼式についてレポートしています。 Continue reading 「ニューヨークは忘れない」第6回Together For 3.11追悼式 We Will Always Remember

[Art]ブルックリン・レッドフックの不思議空間Pioneer Works”The Time Capsules of Ant Farm and LST”

I recently visited Pioneer Works in Red Hook Brooklyn. レッドフックというこの場所、マンハッタンの対岸にあるのに恐ろしく交通の便が悪く、船で行く方が早い?みたいな謎のエリア。Pioneer Worksはもともと鉄工場の由緒ある3階建ての巨大な建物を改造して、展示フロアは全部吹き抜け。 Continue reading [Art]ブルックリン・レッドフックの不思議空間Pioneer Works”The Time Capsules of Ant Farm and LST”

[Art]変わりゆくブルックリンで異彩を放つ屋外ギャラリー「The Bushwick Collective」

ブルックリンのブッシュウィック地区、街の一角の壁という壁に壁画が描かれています。Bushwick Collectiveはこの街に生まれ育ったジョセフさんの思いがこもったアウトドア・ギャラリー。 Continue reading [Art]変わりゆくブルックリンで異彩を放つ屋外ギャラリー「The Bushwick Collective」

The Bushwick Collective Outdoor Galleryフォトギャラリー

「変わりゆくブルックリンで異彩を放つ屋外ギャラリー」テキストはこちら The Bushwick Collective Continue reading The Bushwick Collective Outdoor Galleryフォトギャラリー

「月刊美楽2015年5月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(5)

乳がん撲滅から貧困救済まで、アメリカ文化の一部になっている大規模フィランソロピー活動のルーツは100年前の結核患者救済だった:フィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)5回シリーズの5回目。 Continue reading 「月刊美楽2015年5月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(5)

「月刊美楽4月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(4)

実は持たざる者ほどやっている、アメリカのフィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)そしてその美談に隠された深刻な制度的差別 Continue reading 「月刊美楽4月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(4)

「月刊美楽3月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(3)

フィランソロピーなくしてアメリカン・ドリームはありえない。フィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)5回シリーズの3回目。 Continue reading 「月刊美楽3月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(3)

「月刊美楽2月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(2)

フィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)5回シリーズの2回目。フィランソロピーを知ればアメリカ社会が見えて来ます。 Continue reading 「月刊美楽2月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(2)

「月刊美楽1月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(1)

去年ちょっと書いたフィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)シリーズを再開。今回は5回シリーズ。 日本人はほとんど知らないアメリカのフィランソロピーの現状に迫ります。 Continue reading 「月刊美楽1月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(1)