トランプ消毒剤騒ぎをブラピが笑いに!コロナ時代のアメリカエンタメ事情 Brad Pitt’s Played Dr. Fauci on SNL

最新情報はtwitterで更新しています。
最新の数字はこのサイトで見ることができます。

04-28-20

アメリカの感染者間100万人、亡くなった人5万6千人。

自宅待機が1ヶ月を超えたアメリカでは、Quarantine Fatigue(自己隔離疲れ)という言葉がトレンド語

おこもり生活でズームもやったし、ネットフリックスも見まくった。セレブが自宅からやる弾き語りライブにももう飽きた・・・これが全員の本音。

そして先週末はセントラルパークもかなり人が増えてきた。カリフォルニアのビーチは人でいっぱいになったというニュースも。

一方コロナ失業者が2600万人も生まれ、経済的な危機感から一部州では早くも限定的な経済再開が始まり、ジョージア州ではジムや映画館がオープン。いずれも連邦政府が決めたガイドラインに反していて、早すぎる、大丈夫なのか?という懸念も。

コロナへの恐れ、不況への恐れ、一抹の希望、そして失望、情報の混乱・・・こうした状況含め皆に自己隔離疲れが出ている。それにしてもよくまあこんな状況下で私たち正気を失わずに生きてるなあと思います。

そういう時にはやはり笑い!ということで今日はブラピ様をネタに!

今回もアメリカを代表するお笑いバラエティSaturday Night Live 。Quarantine Edision コメディアン軍団が自宅からやってます。

先週末の番組の冒頭に登場したのはトランプ政権コロナ・タスクフォースのサイエンスおじいちゃん、トランプ氏の非科学的発言をことごとく否定する信念の人、国立感染症研究所長のファウチ博士、に扮したブラッド・ピット。

実はこれはファウチ博士の直々のご指名、というかインタビューで俳優が自分を演じるとしたら誰にやって欲しい?と聞かれて、もちろんブラッド・ピットと言ったそう。

ご存知と思いますが先週から今週にかけてアメリカはトランプ大統領の会見での発言で大騒ぎになりました。(この時はファウチ博士いなかった)

トランプ氏が「消毒剤を飲んだり注射したりするとコロナにいいかもしれない」と言ったために保健所に問い合わせが殺到したり、漂白剤メーカーが「これは人間に使うものではない」と広報したり、ニューヨークでは消毒剤 などを飲む事故が1日に30件起きたという報告も。

笑えないブラック・コメディ。

そこでブラピのファウチ博士は、今回のも含めこれまでのトランプ氏の非科学的発言を一つ一つ解説。

まずトランプ氏の映像が流れる。彼が3月頭に「ワクチンは比較的早くできると思う」と言った時のもの。
しかし科学者の一致した見解はワクチン1年半後。

そこでブラピのファウチ博士は

「”比較的早く”は面白いフレーズだね。世界の長い歴史からみれば早いかもしれないね。でも友達に“ 比較的早く行くね”と言っておいて実際には1年半後に現れたら、その友達は、比較的怒るだろうね。」

というように続くのですが、消毒剤のところでは手で顔を押さえて黙ってしまい、
「わかってるよ、手で顔を触っちゃいけなんだ」。

またトランプ氏がファウチ博士をクビにするという噂がありますが、ビデオではトランプ氏が「ファウチ博士は素晴らしい。絶対にクビにはしない」と言う。

それを見たファウチ博士「あーこれは自分はクビになると思う。」と悲しそうにいう。

そして最後、白髪のかつらを外してブラピに戻った後、ファウチ博士への感謝の言葉を述べて締める。

今日もつかの間の笑いで正気を取り戻して、頑張って生きましょう!

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s