[Radio]セントラルパークの巨大な鳥かごが発信するメッセージとは?What Ai Weiwei’s Wants to Say Through His Massive Public Art Installation?

(JFNのラジオ番組Day By Dayにレポートした内容を再構成しています。メインパーソナリティは桑原りささんです。) ニューヨークはどんどん秋が深まりセントラルパークも徐々に紅葉しています、 セントラルパークの南の表玄関といえば、目の前はすぐ5番街、プラザホテル、ティファニー、その隣にはトランプタワーと、まさにニューヨークの中心地。 ここに先週から突然、巨大な鳥かごが、出現しました。黄色の鉄でできていて、高さは6メートル以上、直径も5メートルくらいはありそう。形は鳥かごみたいだけど、実際には檻。中に入るのは、鳥ではなく私たち人間。 これアートです。アメリカではパブリック・アートと呼ばれるもの。 世界的に知られるアーティストAi Weiwei(アイ・ウェイウェイ)の作品で、しかも今回の展示は大変大規模なもので、大きな話題になっています。パブリックアートだから、展示スペースはニューヨークの街全部。この檻を含め大小合わせてトータルで300点が街のあちらこちらに展示されている。そしてとても今年らしいアートでもある。 まずこの檻も含めて、300点の作品を 作ったAi Weiweiは中国を代表する現代美術家で、人権運動家でもある。コンセプチュアル・アートと呼ばれるメッセージ性の高いアート作品。人権に関わるドキュメンタリー映画も制作。それが理由で中国では一時拘束され、自宅軟禁されていたこともある。そんな彼の作品なので、強いメッセージが込められている。 作品のタイトルは「Fences Make Good Neighbors」フェンスが良い隣人を作るという意味。 詩人ロバート・フロストのポエム「Mending Wall」の一節。人と人とを隔てる壁やフェンスは何のためにあるのか?本当に必要なのか?という疑問を投げかけた詩。100年以上前に出版された作品です。 壁といえば、歴史的にはベルリンの壁、そして最近では、トランプ大統領が推進するメキシコ国境の壁、 ヨーロッパでも難民をめぐって、たくさんのフェンスが作られている。 Ai Weiweiはこのフェンスをコンセプトに、大きな檻を作ったり、普通のアパートの屋上にフェンスを載せてみたり、バス停をフェンスで囲ったりまた上を見ると、街頭のポールについている旗がアート。 実際の難民の顔写真を加工したアートになって、これが何百人分と街にはためいている。 このアートに触れることで、今世界的なクライシスになっている難民問題について考えて欲しいという メッセージが込められている。そして、セントラルパークに作ったのも、すぐ近所のトランプタワーに メッセージを送りたかったからだそう。 Ai Weiwei自身も今はベルリンで暮らす移民です。 また80年代の10年間、最初は学生としてニューヨークに住んでいた。 その後は街で観光客の似顔絵を描いたり、色々な仕事をして生計を立てていたそうです。 外国で暮らすのって本当に大変。中でも移民の多くは自分の国の経済や政治体制が悪すぎて暮らせないから 移民する、難民に至っては、自分の国を追われて出てくるわけです。一般人には、到底想像がつかないその体験を少しでもイメージしてみてほしい・・・ 世界に発信する移民の街ニューヨークにふさわしいアート。2月11日まで見ることができます。 https://www.publicartfund.org/ai_weiwei_good_fences_make_good_neighbors Day By Day(JFN系全国19局ネット)青森・岩手・秋田・山形・栃木・長野・福井・岐阜・滋賀・山陰・岡山・山口・徳島・高知・香川・大分・佐賀・長崎・鹿児島 http://park.gsj.mobi/program/show/27306 Advertisements Continue reading [Radio]セントラルパークの巨大な鳥かごが発信するメッセージとは?What Ai Weiwei’s Wants to Say Through His Massive Public Art Installation?

[Radio]ハリウッドのセクハラ帝王追放 はアメリカのモラル低下への宣戦布告?Downfall of Harvey Weinstein Is A Sign of America’s Moral Crisis?

(JFN系全国ネット ON THE PLANETで月〜木で放送しているNYレポートを再構成しています、火曜日の担当はアーティストのDディーさんです。) 10月17日(火) 先日テイラー・スイフトのセクハラ事件のお話しをしました。 テイラーが取材中にお尻を触られて、それを報告したら、相手に「言いがかりだ」と告訴されたので、 テイラーも逆訴訟を起こして、トータル4年越しでついに裁判で勝った。もらった賠償金はわずか1ドル。 なぜそこまでして? と聞かれて「セクハラされてもなかなか声が出せない女性たちの力になりたかった」 その裏には、特に相手が地位や名声がある白人男性の場合、彼らが正しいと見られるという現実がある。という話をしました。 あれから2ヶ月、アメリカでは大変なことが起きています。 その渦中にあるのは、地位も名声がある白人男性。 ハリウッドの映画業界を牛耳ってきた、最も有名なプロデューサーのハービー・ワインスタイン アカデミー賞授賞式で俳優や女優がスピーチで関係者に感謝するとき、一番最初に出てくるのがこの名前。 きっかけは、10月5日に出たニューヨークタイムスのスクープ記事。それによれば彼が過去20年以上にわたって、若い女優やモデルたちにセクハラし続けていたという。それからすぐ、私も彼にセクハラされたという女性が次々と名乗り出て、その中にはアンジェリーナ・ジョリーやグウェネス・パルトロウ、アシュリー・ジャッド、ケイト・ベッケンセールなど大物も入れて30人上。これまでに何件か示談にもなっている、さらにレイプ容疑まで出てきた。 そしてそれから2週間もたたないうちに、 ハリウッドの帝王だったハービー・ワインスタインは、自分で作った会社から解雇され、ハリウッドの映画アカデミーからも追放、彼が関わった作品はもう二度とオスカーは取れないはず。 まさに映画よりすごい、世紀の大転落。こんなこと、ハリウッド以外でも聞いたことがない。 特にハリウッドの悪名高い「キャスティング・カウチ(ソファ)」要するに「僕なら君をスターにしてあげるよ」と言いながら迫ってくる、まさに映画に出てくるようなアレ。実際こういうことがある、というのは誰もが知っていたにもかかわらず、ここまで大きな問題になることはなかった。 それが今なぜ? もちろん彼が有名だったこと、セクハラされた名乗り出た女性の数、その名声、テイラーの影響もきっとある。それ以上にアメリカでは今「モラル」の問題が大きい。 何しろ、トランプ大統領が選挙の前に、 「自分は有名だから、女性に何をしても許される」と豪語したテープが大問題になったのに、 当選した国。 自分の利益のためには、モラルを犠牲にしていいのか?という大問題に直面している。 その「モラル低下」もセクハラだけではない、 お金のために嘘をつくことや、差別、貧富の差なども含んでいる。そんな中で、映画作品を通じて世の中に 前向きなメッセージを送ろうとしているのがハリウッド。だから彼を見過ごすことはできなかったはず。これまでは大目に見られていたことが、これからはそうではなくなるかも。 リース・ウェザースプーンやジェニファー・ローレンスなど他の女優たちも、(相手はハービー・ワインスタインではないけれど)「私も経験した」と名乗り出ている。 #metooというハッシュタグで、自分の体験をポストしようという運動も起きている。これは近々一般の職場にも影響してくるはずです。アメリカという国のモラルが失墜していくことに危機感を感じた女性たち、そしてアメリカ人からの宣戦布告と言えなくもありません。 ちなみにトランプ大統領も現在、sexual misconduct 性的不品行の疑いで訴えられています。 少なくともこれを読んでいる男性の皆さん、自分の地位を利用して嫌がる女性に迫ってはいけません! JFN系最大36局ネット(時間帯・曜日により若干変更有)26時8分くらいから ネット局:青森、岩手、秋田、仙台、山形、福島、群馬、栃木、東京、静岡、愛知、新潟、長野、富山、石川、福井、岐阜、三重、滋賀、大阪、神戸、山陰、岡山、広島、山口、香川、徳島、高知、愛媛、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島、沖縄 Continue reading [Radio]ハリウッドのセクハラ帝王追放 はアメリカのモラル低下への宣戦布告?Downfall of Harvey Weinstein Is A Sign of America’s Moral Crisis?

[Radio]哲学的なSFカルト映画「ブレード・ランナー」35年ぶりの続編 35 Year Later Blade Runner 2049 Finally Released

近未来のイメージを作り上げたカルト映画の35年ぶりの続編がヒットしています。 Continue reading [Radio]哲学的なSFカルト映画「ブレード・ランナー」35年ぶりの続編 35 Year Later Blade Runner 2049 Finally Released

[Radio]ミレニアル世代で激増「楽しいヴィーガン・ベジタリアン」がアメリカの食を変えるWill Millennials’ Hip and Fun Vegan Lifestyle Change America?

アメリカのミレニアル世代(18〜35歳)の12%はベジタリアンです。 Continue reading [Radio]ミレニアル世代で激増「楽しいヴィーガン・ベジタリアン」がアメリカの食を変えるWill Millennials’ Hip and Fun Vegan Lifestyle Change America?

[Radio]NYではコロンバス・デーLAでは先住民族の日:場所と時代で変わる歴史とどう向き合う?How Do You Deal With Your History?

クリストファー・コロンブスの歴史が論争に上がっています。 Continue reading [Radio]NYではコロンバス・デーLAでは先住民族の日:場所と時代で変わる歴史とどう向き合う?How Do You Deal With Your History?

[Radio]続報:ロラッパルーザも?ラスベガス銃撃犯の狙いは大規模コンサート?でもなぜ?Was He Targeting Mega Concerts?

ラスベガス銃撃、捜査が進むにつれて意外な事実が明らかになってきています。 Continue reading [Radio]続報:ロラッパルーザも?ラスベガス銃撃犯の狙いは大規模コンサート?でもなぜ?Was He Targeting Mega Concerts?

[Radio]マイケル・ムーアがブロードウェーで何してるって?What Is Micheal Moore Doing on Broadway?

マイケル・ムーア監督がブロードウェーを賑わせています。 Continue reading [Radio]マイケル・ムーアがブロードウェーで何してるって?What Is Micheal Moore Doing on Broadway?

[Radio]ラスベガスで58人死亡アメリカ史上最悪の銃乱射事件:犯人の白人男性64歳めぐり深まる謎 We Need To Know Why 64 Year Old White Man Decided to Kill ?

ラスベガスで起こったアメリカ史上最悪の銃乱射事件で、犯人の動機をめぐる謎が深まっています。 Continue reading [Radio]ラスベガスで58人死亡アメリカ史上最悪の銃乱射事件:犯人の白人男性64歳めぐり深まる謎 We Need To Know Why 64 Year Old White Man Decided to Kill ?

「ゴースティング」「ソンビーイング」の意味知ってる?デート・アプリ時代のトレンド英語 What Does “Ghosting” Mean?

アメリカのミレニアル世代が使っている、デートにまつわる「新語」が面白い! Continue reading 「ゴースティング」「ソンビーイング」の意味知ってる?デート・アプリ時代のトレンド英語 What Does “Ghosting” Mean?

[Radio]あなたはロックのルーツを知っていますか?「ロックの殿堂」を日本に作る意義とは?Why Do We Need “Rock & Roll Hall of Fame”?

東京にオープンした「ロックの殿堂ジャパン」ロックの歴史を語りづぐ意義とは? Continue reading [Radio]あなたはロックのルーツを知っていますか?「ロックの殿堂」を日本に作る意義とは?Why Do We Need “Rock & Roll Hall of Fame”?