[Radio]セクハラ訴訟で勝利したテイラー・スイフトが$1しかもらわない理由は? Taylor Swift Wins $1 Groping Case

テイラー・スイフトがセクハラ訴訟で勝ったのに、1ドルしかもらわない理由があります。 Continue reading [Radio]セクハラ訴訟で勝利したテイラー・スイフトが$1しかもらわない理由は? Taylor Swift Wins $1 Groping Case

[Radio]ヒップホップで世直し!チャンス・ザ・ラッパー は何を目指す?Chance The Rapper For President?

アメリカで最も売れて居るラッパーは、誰よりも正義感が強い男でした。 Continue reading [Radio]ヒップホップで世直し!チャンス・ザ・ラッパー は何を目指す?Chance The Rapper For President?

「ニューヨークは忘れない」第6回Together For 3.11追悼式 We Will Always Remember

3月5日(日)に行われた第6回Together For 311追悼式についてレポートしています。 Continue reading 「ニューヨークは忘れない」第6回Together For 3.11追悼式 We Will Always Remember

[Philanthropy]あたたかい工夫がいっぱい!NYのクリスマス・チャリティー文化 Holiday Giving Makes A Difference

アメリカはチャリティ大国、1年間に集まる寄付金は年々増え続け、去年はおよそ40兆円、7割は「個人から」の寄付、その4分の1から3分の1がこのシーズンに寄付されます。1/4-1/3 of the yearly charitable donation is made during the holiday season. Continue reading [Philanthropy]あたたかい工夫がいっぱい!NYのクリスマス・チャリティー文化 Holiday Giving Makes A Difference

「月刊美楽2015年6月号」地球の子供を一人ずつつなぐミステリオの「ハッピー・ドール」

乳がん撲滅から貧困救済まで、アメリカ文化の一部になっているフィランソロピー(慈善・社会奉仕活動) 今回は日本人が登場! 良き友人でもある寺尾のぞみさんが主催する暖かいフィランソロピー「ミステリオ」が行っている世界の子供達による人形エクスチェンジ・プログラム「ハッピードール」をご紹介しています。 Continue reading 「月刊美楽2015年6月号」地球の子供を一人ずつつなぐミステリオの「ハッピー・ドール」

アメリカメディアはこう伝えた:NYでシンポジウム「拉致問題は人権問題」

「拉致問題は人権問題である」2015年5月5日(火)ニューヨークで北朝鮮拉致問題を国際社会に訴える日本政府主催のシンポジウムが開かれました。 Continue reading アメリカメディアはこう伝えた:NYでシンポジウム「拉致問題は人権問題」

「月刊美楽2015年5月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(5)

乳がん撲滅から貧困救済まで、アメリカ文化の一部になっている大規模フィランソロピー活動のルーツは100年前の結核患者救済だった:フィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)5回シリーズの5回目。 Continue reading 「月刊美楽2015年5月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(5)

Appleティム・クック「全財産$800M(約950億円)をフィランソロピーに寄付します」ビリオネアが続々参加Giving Pledgeとは?

ビル・ゲイツとウォーレン・バフェットが呼びかけているThe Giving Pledge(全財産の最低半分を寄付するという誓い)に参加する形で発表してもので、facebookのザッカーバーグなどすでに100人ものビリオネアが同じ宣誓にサインしている Continue reading Appleティム・クック「全財産$800M(約950億円)をフィランソロピーに寄付します」ビリオネアが続々参加Giving Pledgeとは?

「月刊美楽4月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(4)

実は持たざる者ほどやっている、アメリカのフィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)そしてその美談に隠された深刻な制度的差別 Continue reading 「月刊美楽4月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(4)

「月刊美楽3月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(3)

フィランソロピーなくしてアメリカン・ドリームはありえない。フィランソロピー(慈善・社会奉仕活動)5回シリーズの3回目。 Continue reading 「月刊美楽3月号」アメリカではなぜフィランソロピーが盛んなのか(3)